長い間悩まされた頬のニキビ

中学生の頃から、20歳代前半まで長い間ニキビに悩まされていました。よく出来ていたのは、耳に近い頬のあたりです。

ちょうど、髪の毛がかかる所なので、それも原因のひとつだったのだと思います。

ニキビを治したくて、市販の薬を塗ったりはしましたが、あまり色々とつけることには抵抗があったので、お肌の手入れのようなことは全くしていませんでした。

気をつけていたことは、こまめに洗顔をすることと、枕カバーを毎日取り換えることでした。

それでも、なかなか良くなりませんでした。

年齢的なものもあるかもしれませんが、大人になり化粧水などのスキンケアに気を使うようになってから、良くなってきました。

たぶん、私の肌は敏感肌で、若い頃からちゃんと手入れをしていればよかったのだと思います。

中学一年生の時にニキビができ始めた

私が始めてニキビができたのは中学一年生の頃でした。

私は周りの友達に比べても発育が遅い方で、周りがニキビの悩みで盛り上がる中一人だけ未だ体験がなかったんです。

でも、そうこうしてるうちにオデコにニキビができ始めました。

最初は赤いのが1つだけだったんですが、そのうちに2つ3つと増えて行きました。

流石に危機感を覚えて、慌ててティーンズ向けの洗顔料を買いました。

でもそれで改善することはなくて余計ひどくなってしまったのです。

そんな時に雑誌を読んで居たら、洗顔の鍵は泡だと言う特集をしていました。

それで100均で洗顔ネットを買ってきてめちゃくちゃ泡立ててそれで洗うようにしました。

そうしたら、ニキビも少しずつ落ち着いて行きました。

30代ストレスからくるニキビ

10代の頃は赤いニキビに悩まされていましたが、30代になって仕事が忙しかったりする時に出るあご下や、首に出るニキビもけっこうな悩みでした。

ネックレスをして鏡に首を映した時に、ニキビが気になります。

気になってついつい触ってしまうので、刺激になって腫れたりと余計に悪循環でした。

そこで私が使用したのはプロアクティブです。

完全に治るということはなかったのですが、少しずつニキビは小さくなってきましたし、新しいニキビもできにくくはなってきました。

しかし、劇的にニキビが改善されたのは、忙しかった仕事を辞めて、規則正し生活になってからです。

だんだんとニキビが減って、最近ではニキビができなくなりました。

やはりストレスが原因だったのだと思います。

背中ニキビが急にできても大丈夫!でした